蟻の社会科学~リベラルアーツとロジカルシンキング~

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にロジカルシンキングを最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

雑記

なんとなく洋楽

や〜いい曲だ

夏の郷愁

(画像は2ちゃんのスレより引用) 6月とは思えない灼けるような日差しの中、僕は海を見たくなり車を走らせた。古い車のAMラジオから「今年はラニャーニャ現象で酷暑になる」とモノラル音声でニュースが流れていた。ニュースを聞きながら"子供のころ夏はそ…

徒然エッセイ

今日久しぶりにブログを書いて、なんとなくブログを見返していた。2013年の前半までは結構ブログを更新していたんだなぁ。古い記事を読んでいると今となってはよくわからないことを結構真剣に書いているw なにより、読んで思ったのは「本当につまんねえなぁ…

最近のニュースでよく聞く人口減少、少子高齢化

このブログの主題(俺の興味)が人口動態、少子高齢化、無縁社会だからかもしれないが・・・。最近のニュース、新聞、雑誌、で人口減少、少子高齢化の話題を聞かない日は無いような気がします。人口減少、少子高齢化がもたらす未来は決して明るいものではな…

ドリームハンガーを買った。

部屋を小奇麗にしたいと思い突っ張り棒タイプのハンガーを買った。 フックを固定するものが輪ゴムの摩擦なのですぐにずり下がってしまう。その点はレビューで酷評されていたが、そこは工夫すればどうにでもなる。ナカナカいいものを買ったと思う。

最近、ブログやってねぇなぁ

最近このブログを放置している。まだまだ書きたいことは山ほどあるんだけど。 とりあえずどうでもいいことからぼちぼちとまた始めていくか。

人は時間と共に想像力を失う

子供の想像力はすごい。寝る前に自分がRPGの主人公になって剣と魔法の世界で大活躍することを想像したり色んな空想が出来るが、時間と共に想像力が失われていく。 20代の頃はまだ夢を持っているかもしれないが、30代に入ると社会的地位も固まり、家族を作り…

Just the Way You Are 〜billy joel〜

や〜いい曲だ。

NHK参議院特集

NHKで各党代表の討論会をやっている。自民党を肯定するわけではないが、やっぱり共産党や生活の党は話にならね〜。俺は共産党の大ファンではある。共産党は実践力が皆無であることを除けば素晴らしい政党である。抽象的な理念は素晴らしいものがあるが政策の…

女性手帳の配布中止!

政府は28日、若い女性向けに妊娠・出産の知識を広めるため導入を検討していた「女性手帳」(仮称)の配布を見送る方針を固めた。女性を中心に「国が個人の人生の選択に口を挟むべきではない」などとの批判が起こったことを考慮した。森雅子少子化担当相は…

春になった

春になった。近年花粉症になったようでくしゃみが出てしまう・・・。ブログを最近書いてないが止めたわけでは全くない。しばらくしたらまた書こうと思っています。

景気が回復する前に人生が終わってしまう。

「円安傾向!株価回復!輸出企業好調!景気回復か??」などニュースでは流れている。多くの人が「いや〜景気がねぇ・・景気が回復すればねぇ・・!!」と言っているが、そもそも「景気」って何だ? 俺も含めてみんな「景気」が何かをよくわかっていない。そ…

藤沢数希氏の「10人の村で経済成長と失業を考える」

藤沢数希さんの記事は面白い。藤沢さんの本は一度も読んだことはありませんが、経済の話は例えが非常にわかりやすいし説得力がある。(一時期、傍から見ると異様と思えるほど原子力を擁護していたその心は理解できませんが。) 藤沢さんが先日書いていた「1…

「やさしくなりたい」斉藤和義

仕事が終わった後の帰り道のコンビニで、漫画や雑誌を立ち読みして一日の貴重な時間の30分〜1時間ほどを費やすことが俺の長年の日課です。サンクスで立ち読みをしていると最近よくかかっているのが斉藤和義の「やさしくなりたい」。なんとなく心に残るいい歌…

衆議院選の投票日になった。

投票日になったけど、投票したい政党が全くねぇ〜〜。 インパクト重視で、この党に投票でもしようかと思ってしまうぐらい投票したい党が無い。 全ての党が、一定の「経済成長政策」を打ち出している。政治家として政党としてそれは当たり前のことなのだが、…

最低賃金廃止、橋下氏「雇用狙い」 維新公約に波紋

日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は30日、維新の政権公約「骨太2013〜2016」に盛り込んだ「最低賃金制の廃止」について、雇用の創出が狙いだと説明。「ハードルを課せば、最低賃金を出せない企業や、本当ならあと2、3人雇えるのに1人しか…

何とか酒を減らしたい。

2012/08/08の記事で「断酒を始めた」との記事を書いたが、当然のように続いているはずがなく・・・。ここ2週間ぐらいは以前の飲酒ペースに戻ってしまったわけであり・・・。 何とか酒を減らしたい。頭がいつもボーっとしている・・・。例えば日常生活で30秒…

英紙フィナンシャル・タイムズが日本の政治家の金融緩和圧力を批判

英紙フィナンシャル・タイムズは20日付の社説で、日本の政治家らが衆院選を控えて日銀に金融緩和圧力を強めていることに関し、「政治家が中央銀行の政策を最終決定することは賢明でもなければ、日本経済の苦境の解決策にもならない」と批判した。 同紙は、…

冬の雷

北陸の冬は雷と共に始まります。冬の雷というのは世界的にも珍しいらしく、冬の日本海側地域とノルウェーの大西洋側地域特有の気象のようです。 とにかく一日中雷が鳴っています。そして霰や霙が激しく降ります。他の地域から北陸に来た人はこの冬の雷に驚く…

トリクルダウン理論について

トリクルダウン理論(トリクルダウンりろん、trickle-down theory)とは、「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が浸透(トリクルダウン)する」とする政治思想である。「金持ちを儲けさせれば貧乏人もおこぼれに与れる」と主張することから、「おこぼれ…

ノーベル賞

iPS細胞の研究によりノーベル賞を受賞した山中教授には拍手を送りたいです。iPS細胞の技術の発展の早さに対して、倫理的な問題の検討が追いつくかどうか一抹の不安を感じますが(恐らく絶対に追いつかない・・・)、素直に山中教授のノーベル賞受賞を喜びた…

物価1%上昇、14年度達成は困難 日銀・白川総裁が見通し

日本銀行の白川方明(まさあき)総裁は5日の記者会見で、デフレ脱却に向けて、日銀が目標に掲げる「1%の物価上昇」の早期達成は難しいとの見方を示した。 これまでは、消費増税が予定されている2014年度にも達成できるとしていたが、欧州危機などで国…

ブログをぼちぼちと書いて行こう

夏が終わった・・・季節の移ろいは本当に早いものだなぁ・・・ 1ヶ月ほどブログを書いていなかったが、ブログをまた書いていこう。

FRB議長がブータンのGNHに言及する時代

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は6日、マサチューセッツ州の会合でビデオ出演し、経済の「豊かさ」を測るための新たなミクロ指標を模索する必要があるとの見解を示し、ブータンの「国民総幸福量統計」が参考になると述べた。 バーナンキ議…

断酒を始めた

成人になってから年間350日は酒を飲んでいた俺ですが、断酒を始めた。酒を飲みすぎて若年性アルツハイマーか?と思うほど物忘れが激しくなったような気がして怖くなって酒をやめた。 酒を飲まなくなったことにより読書が捗る。買うだけ買って積み上げられて…

イチローのヤンキース移籍

このブログでこんな話題を出したことは一度もないが、実はプロ野球とMLBとNBAが大好きだ。(サッカーはあまり興味がない)イチローがヤンキースへ移籍したと聞いて驚いた。でもイチローにとってはいいことだと思う。 万年最下位のチームに在籍し、さらにチー…

「努力は重要だ!」から「努力は報われる!」への移り変わり

「努力は報われるか?」 単純な議題なのだが、実は非常に難しい哲学的問題が含まれていると思う。「努力は報われる!」という考え方は現代社会においては一種の念仏であり、題目であり、祈りであり・・・要するに「南無阿弥陀仏!」「神を信じるものは救われ…

梅雨が明けた!(らしい)

俺が住む北陸地方も梅雨明けしたらしいですが今日は滝のような雨が降っていました。本格的な夏はもう少し先なのか。 夏の歌は沢山あると思いますが俺が一番最初に思いつくのが「夏の日の1993」と「少年時代」ですなぁ。

このブログの哲学

このブログは俺の主観で社会について色々と論じていますが、それに対して具体的に社会を良くする方法などは一切持ち合わせていません!!同時に反資本主義や反国家主義などの思想も一切持ち合わせていません。俺自身「高邁な理念を持ち、社会を改革しよう!…

社会を考えるための、ひとつのツールとしての「経済」

社会について考えるのは非常に難しいことだと思います。社会を考えるための視座は「国防」「エネルギー」「食糧」「政治」「教育」「労働」(・・・以下無限)などあまりにも多岐に渡ります。そんな複雑な社会を考えるための一番単純で力強い材料が「経済」…

She wears black/Incognite 押尾コータロー/空はキマグレ

CDが売れないという話を聞くが俺もCDを全然買わなくなった。おっさんになったというのもあるけど、欲しいとも思わなくなってしまった。それがおっさん化なのだろう。CDが一番売れた1990年代に10代を過ごした俺にはCDが売れないというのは隔世の感があるなぁ…

豊かさの中の停滞

偉大な経済学者であり哲学者でもあるケインズ。「IS-LM分析」「アニマルスピリット」「(エリートによる)管理通貨性」・・・などなどケインズは現代社会にも通用する様々な概念を生み出したと思います。経済のグローバリゼーションの潮流の中で、ナショナル…

少子化と非婚化の原因

このブログで何度も書いていることなのですが、敢えてもう一度書こう。そして何度でも書こう・・・何度でも蘇ってやる!「少子化や非婚化の原因は、不況や貧困ではない!」(一要因でしかない。) 少子化や非婚化の原因を不況や貧困に求める論調が強い影響を…

これからの時代で政治に期待できること。

このブログは基本的には政治から距離を置いています。別に無政府主義者ではなくアナルコキャピタリストでもありません。政府と行政の重要性を否定するわけではありませんが、これからの時代「政治」が行えることの範囲はどんどん狭くなっていくと思われます…

宇宙

宇宙はすごい!超ひも理論?ヒッグス粒子?俺には全くわからない!宇宙のことは全くわからないけど宇宙に心を惹かれる。人間にとっては永遠とも言える時を生き、複雑で、あまりにも巨大な宇宙。 この地球も、この地球で生きる全ての人が宇宙の一部なんだなぁ…

「哲学を勉強するとひとりぼっちになりませんか?」

yahoo知恵袋で「哲学を勉強したいのですが、哲学を学ぶと独りぼっちになりませんか?」(うろ覚え)というスレッドがありました。これは何気に深いと思います。確かに、哲学を学ぶと象牙の塔に閉じ込めれられて無間の孤独空間に陥る可能性が秘められていると…

交通事故の多発

4月には痛ましい交通事故が多発していますが、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。

本を読む。

「紙の上で知った知識なんて現実社会じゃ何の役にも立たねーよ!やっぱり、経験よ経験。場数よ場数!」「経済学?哲学?それおいしいの?なんかの役に立つの?」と、昔は俺も思っていました。そして今でもそう思っています。 紙の上で知った知識なんて現実社…

非協力なら人事介入 前原氏、日銀けん制

民主党の前原誠司政調会長は20日、都内で講演し、政府が掲げた「名目3%、実質2%」の経済成長率目標に関し「日銀も共有してもらわないといけない。非協力的であれば、人事を含めた検討に立ち入っていかざるを得ない」と牽(けん)制(せい)。同時に「…

蟻さん主義の根底 その2

ふとしたことから社会について考えるようになった俺の独り言を書く適当な社会科学風味ブログ。リーマンショック以来、社会について考え続けたことを自分なりに徒然と書いてみます。 俗物である俺は以前は社会について考えたことなんてなかった。「もう金しか…

なぜテレビが売れないのか?

シャープが台湾の鴻海グループと資本業務提携をして、鴻海グループがシャープの筆頭株主になるというニュースが流れました。また「32インチの液晶テレビが3万円台!」などテレビの価格下落のニュースをよく聞きます。なぜテレビが売れなくなったのだろうか?…

俺のメモ帳であるこのブログ

考えたことを書き殴るための備忘録として、半分暇つぶしでブログをやっています。以前書いた自分の記事を読み返してみたりもするのですが・・・ つまらね〜〜〜w 正に単なる備忘録!自分が考えたことを何の捻りも無い文章で、ただ書き連ねるだけ!読ませる…

パラダイム転換という視座

永遠に続くかと思われたキリスト教による1000年に及ぶ中世西洋社会の支配。しかし絶対的影響力を持った宗教もやがて社会の主役から引き摺り下ろされました。 ルネッサンスから始まった大きな潮流が、宗教改革へ変化し市民革命を起こし、現在に至る「自由民主…

今日のNHKのヒューマン〜なぜ人間になれたのか、そしてお金が生まれた〜

今日のNHKの番組「ヒューマン〜なぜ人間になれたのか。そしてお金が生まれた」は面白かった。 「交換」と「絆」で成り立つアナログな人間社会の交差点に存在する「デジタルな存在であるお金」について、人間の歴史の様々な事象を織り交ぜながら、改めて現代…

【22冊目】人はなぜ上京するのか 難波功士

面白そうなタイトルに惹かれて買いました。「人はなぜ上京するのか?」について書評と、上京してUターンした俺の過去をチョコッと思い出してみます。 本書は上京の100年史と銘打たれ、明治維新以降の日本人の上京の歴史を論じています。近代化に突っ走る日…

スキーを買ってしまった。

ウィンタースポーツは不思議なものです。数年遠ざかっていたのに先日久しぶりに地元のスキー場にスノボーをしに行ったらすごく面白かった!勢いに乗って先週は白馬の栂池スキー場へ行ってきました。 今年の大雪で白馬地方もとんでもない雪が積もっていました…

時代の一員として〜時代主義〜

日本はなんとなく暗い雰囲気に包まれている時代だ。これからの見通しもなんとなく暗そうだ。しかし、そんなことを嘆いている暇は何一つないようだ。僕らは時代の一員であり、今までの、どんな人間もその時代の一員だ。過去のどんな暗い時代の人も歴史を作っ…

スキー場へ行ってきた

5年ぶりにスキー場へ行ってきた。5年前に結構な値段で買ったスノボーのブーツをあまり使っていなかったので、不憫に思い久しぶりに地元のスキー場へ行ってきた。 30代の男が久しぶりにスノボーなんてやって大丈夫なのかと心配したが結構滑れた。最初はガクガク…

今日から2012年のブログを始める。

明けましておめでとうございます。今日からまたショボショボとブログの更新を行いたいと思います。最低でも月に6回、目標は月に8回、理想は月に10回、社会について何か独り言を書こうと思います。 話は変わりますがスマートフォンを買いました。特に欲しかっ…

ブログをはじめて1年経った。その感想。

信じられない・・・何をやっても三日坊主の俺がブログを1年をやるなんて。不特定の誰かに意見を発信してみようと思って始めたが、途中から備忘録のようなものに変わってきた。考えていることをメモっておかないと何がなんだかわからなくなってしまうので日記…