蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸に、リベラルアーツを横軸に、システム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。email:arinkoblog@gmail.com

【96冊目】縁食論 孤食と共食のあいだ 藤原辰史

縁食論

縁食論

Amazon
 本書は京都大学教授で農業史、食の思想史を専門とする藤原さんの食に関するゆるめのエッセイ集です。「食」を根源的テーマとして、「食」というコンテキストに含まれる人と人との様々なゆるい関係性を「縁食」と名付け、縁食という概念を通して現代社会の人間関係の希薄性や市場原理を批判的に描き出しています。
 衣食住のうち、衣と住は無くてもすぐに死ぬことはありませんが、食は生命に直結するまさに命の源と言えるものです。原始時代より人々は火を囲み、共に命の源である食事を取ることで、同じコミュニティの人々と時間と空間を共有し、縁を紡ぎ、社会を作り続けてきました。食事というものは、個人にとっての生命の源であり、また社会にとっては縁とコミュニティを紡ぎだすための一つの儀式であり、装置としての役割を持っています。このように個人と社会を支える根源的な物質である食糧というものは、安価で提供されて然るべき一種の公共財と考えることもできるかと思います。
 公共財のような性質を持つ食糧ではありますが、現代の市場原理が支配する経済においては公共財のような性質は消え失せて、オートメーション化された食糧の供給システムの中で、毎日有り余るほどの食料が作られ、また廃棄され、金銭で売買される消費財としての性質しか持たなくなりつつあります。市場原理が限界まで浸透して格差がどんどん開いていく現代社会においては、大飢饉などで食料が市場から枯渇したわけではなく、決して食べるものがないわけではないにも関わらず、子ども食堂やフードバンクなどの支援を受けることでようやく食事にありつくことが出来るような人が増えつつあります。(決して食に関する産業を批判しているわけではありません。このような構造は食に関する産業だけの問題ではなく、現代社会が持つ構造的な問題です。)
 著者の視点は、行き過ぎた近代化によって、社会から孤立し、食事という最低限のサービスにすらありつくことが出来ない人々が増加する社会を、「縁食」というゆるい柔らかな概念の基に、どのようにして支援していくのかということになるかと思います。
自分の魂を鍛え、キャリアアップをし、社会に貢献するという自立した近代市民モデルではなく、不完全であることを前提に同質化圧力の弱い場所に漂い、偶然性に身を任せ、お互いにある部分を依存し合いながら、乗り越えられそうだったらチャレンジしてみて、無理だったら投げる。場合によっては投げたものを誰かが拾う。誰か、とは、自分のやや苦手な人物である可能性もある。強い心を持ち、チャレンジ精神を忘れない「近代市民」からすれば、なんとも情けない受け身の乗り越え方かもしれないが、自立的発展に疲れた人間には、この偶発的な展開はそれほど負担がない合理的な展開なのかもしれない。
P141 第4章 縁食のにぎわい より引用
 このブログは「近代化とアトミズム」を一つの主題しています。近代化が持つ合理性という力が、人と人との関係性を全て数字という空疎なものに変換してしまい、やがて人々は寄る辺を無くしたアトム(原子)のように社会を漂う、という100年以上前の思想家たちの不吉な予言が体現されつつある現在の日本社会において、本書が指し示す方向性は非常に共感できるものがありました。「食」という人間にとって最も基本的な行為からのレンズを通して、現代社会を柔らかく見つめる文体の中に、著者の非常に深い洞察を感じれらます。

関連記事
ari-no-socialscience.hatenablog.com

web拍手 by FC2

人間の思考を最小のモデルで表現することを試みる

「Aという事象 1→2→3→4→5→6→7」

 上記の1から7までのプロセスの事象があるとします。誤解を恐れずに極めて大雑把に表現すると、この事象に何かしらの名前を付けること(ここではA)を帰納法(抽象化)と呼び、1から7まで順序立てることを演繹法(具体化)と呼びます。この二つの機能が人間の思考の根幹と言えるでしょう。

 しかし、人間の脳はこの二つの機能をうまく使いこなすことが出来ません。その理由を下記にて記述します。

(1)7つの要素を全て発想することが出来ない
ここでは「1から7までのプロセス」と定義しているので1から7までの個々の要素を発想するのは簡単ですが、定義されていない状態では全ての要素を発想することは意外と困難です。37から62までのプロセスなのか、KからWまでのプロセスなのか、0から138億までのプロセスなのか、そもそもプロセスの総数自体が定義されていないと要素を全て発想することは難しいものだと思います。そして、プロセスの総数自体が事前に定義されていないことはよくあります。

(2)事象に名前を付けることが出来ない(帰納出来ない)
ここでは「A」と名前を付けて抽象化していますので、Aという事象を認識することは簡単です。しかし、(1)のようにプロセスの総数が定義されておらず、要素を全て発想できていない状態であれば、そこに何らかのパターンを有した事象が存在していることを認識し、その事象に名前を付けて抽象化することは難しいかと思います。

(3)順序立てることが出来ない(演繹出来ない)
(1)の状態によって全ての要素を発想出来ておらず、(2)の状態により事象に名前を付けて認識できていない状態の時、脳内では「 2  7  4 」というように断片化された情報が順序立てられないままに脳内を漂っています。

その断片化された情報を「2→7→4」というように名前を付けることもなく無理矢理順序立てているのが、人間の思考であると言えるのではないかと考えています。

web拍手 by FC2

【95冊目】ロジカルシンキングを鍛える 細谷功

 著述家でコンサルタントで、論理的思考に関する多数の本を上梓している細谷功さんの「ロジカルシンキングを鍛える」という、そのまんまの本です。
 本書の内容ははっきり言って凡庸です。目新しいことは何も書いてありません。MECEフレームワークなど、どこかで聞いたことある内容の寄せ集めと言ってもいいでしょう。しかし、逆の見方をすればロジカルシンキングの標準的な内容が、網羅的かつコンパクトに書かれている素晴らしい入門書と考えることもできます。物事は目新しい視点や奇抜な視点で考えればいいというわけではありません。何よりも最初に基礎とスタンダードという土台をしっかりと据え付けることが重要だと思います。本書はその基礎にうってつけの入門書です。基礎をこのようにシンプルにわかりやすくまとめ上げるのも、細谷さんのさすがの力量だと感じました。

web拍手 by FC2

【94冊目】ケーキの切れない非行少年たち 宮口幸治

 本書は児童精神科医の著者が医療少年院で多くの非行少年と出会い、そこで得た知見をベースに、非行少年の認知能力の実態や、認知能力の改善を目指したトレーニングなどの内容で構成されている。
 本書でまず示されているのが、かなり多くの割合の非行少年が認知機能に一定の困難を抱えているという点である。「ケーキが切れない非行少年たち」とタイトルにもなっているが、ケーキを三等分するよう指示すると、ベンツのマークのように120℃角で三等分するということが出来ない。直線で三等分したり、まず二等分してからそれをまた二等分してしまったりする。このような少年たちはそもそも人が言っていることが理解出来なかったり、自分が行った行為が悪いことだという認識を持つことが出来なかったり、人を殺したにもかかわらず「自分は優しい人間だ」という認識を持っていたりもする。非行少年の更生という問題を考えるときに重要になってくるのが、このように「非行少年が問題自体を認識できていない状態」であること、著者の言葉を借りれば「反省以前の問題」が存在していることを認識することが重要になるだろう。
 第三章では非行少年に共通する特徴が書かれている。
・認知機能の弱さ・・・見たり聞いたり想像する力が弱い
・感情統制の弱さ・・・感情をコントロールするのが苦手。すぐにキレる。
・融通の利かなさ・・・なんでも思い付きでやってしまう。予想外のことに弱い。
・不適切な自己評価・・・自分の問題点がわからない。自信があり過ぎる、なさ過ぎる。
・対人スキルの乏しさ・・・人とのコミュニケーションが苦手。
(+身体的不器用さ・・・力加減が出来ない、体の使い方が不器用)
私は趣味で認知科学という学問を少し勉強しているが、上記の非行少年の特徴のかなりの部分が、人間の認知機能の通称「システム1(感情的で速い思考)」と呼ばれる部分と重なっているように思われる。上記の特徴は全ての人間が持っているものではあるが、それをどこまで制御できるかが、総合的な認知能力になるのではないか。通常の人(という呼称が適当かどうかはわからないが)であれば、上記の特徴を日常生活を送るうえで問題のない程度に制御できるが、非行少年はこれらを制御することが出来ずに困難な状況を作り出してしまい、最終的には犯罪という所まで行きついてしまうのだろう。
 非行少年に対して、思考のゆがみをメタ認知して矯正を目指す「認知行動療法」が試みられることも多いらしいが、認知行動療法は「認知機能が正常」という前提がなければ効果が薄いようだ。前述のとおり非行少年は認知機能自体が弱いことが多いので、「問題を認識し、改善する」ということ自体が難しいことも多い。
 そこで著者が提案するのが「認知機能の向上」を目指したトレーニングである「コグトレ」である。詳細に関しては本書を参考にしていただきたいが、これは「写す」「覚える」「見つける」「想像する」などの認知機能の基礎訓練を行うことで、認知機能の最も根幹を構成する部分を強化することを目的としている。これは従来の勉強とは違い、人間の思考の根幹をなす「因果関係の把握」や「短期記憶」や「メタ認知能力」を高める可能性がある非常に素晴らしいトレーニングではないかと思う。
 非行少年にいくら正論を投げかけても効果がないことも多いかもしれないが、必ずしも彼らが全て悪いとも言えないのではないか。彼らが犯罪を行う背景にあるのは、彼らが持つハンディキャップに由来しているものも多いのではないか。彼らが行った犯罪というものを決して擁護するわけではないが、その背景には認知機能の不全という生理的な要因が存在する可能性を十分に考える必要があるのではないかと思う。人間の「理性」の無謬性を盲信するだけではなく、人間の「理性の限界」を認識することもまた重要なのではないか。また、これらの機能不全を補うための著者が提唱する「コグトレ」は素晴らしいトレーニングである。この「コグトレ」が普及することを願って止まない。

web拍手 by FC2

人口の半分4600万人が独身に…20年後「超独身大国」日本の恐るべき実像

president.jp

 人類は数百万年前から互いに協力して生きてきたからこそ、今日まで生きてこられたということを考えると、一人で暮らす人が増える状況はあまり望ましくはないのかなとは思います。