蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸に、リベラルアーツを横軸に、システム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。email:arinkoblog@gmail.com

書評

【97冊目】「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。作者:藤𠮷 豊,小川 真理子日経BPAmazon 本書はライターとして活躍している著者二人が、文章術のベストセラー100冊から帰納的に要点を抽出し、わかりやすくまとめた文章技術を磨くための本です…

【96冊目】縁食論 孤食と共食のあいだ 藤原辰史

縁食論作者:藤原辰史ミシマ社Amazon 本書は京都大学教授で農業史、食の思想史を専門とする藤原さんの食に関するゆるめのエッセイ集です。「食」を根源的テーマとして、「食」というコンテキストに含まれる人と人との様々なゆるい関係性を「縁食」と名付け、…

【95冊目】ロジカルシンキングを鍛える 細谷功

ロジカルシンキングを鍛える (VISIONARY SEMINARS)作者:細谷 功KADOKAWA,中経出版Amazon 著述家でコンサルタントで、論理的思考に関する多数の本を上梓している細谷功さんの「ロジカルシンキングを鍛える」という、そのまんまの本です。 本書の内容ははっき…

【94冊目】ケーキの切れない非行少年たち 宮口幸治

ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)作者:宮口幸治発売日: 2019/07/26メディア: Kindle版 本書は児童精神科医の著者が医療少年院で多くの非行少年と出会い、そこで得た知見をベースに、非行少年の認知能力の実態や、認知能力の改善を目指したトレーニ…

【93冊目】人口減少社会のデザイン 広井良典

人口減少社会のデザイン作者:広井 良典東洋経済新報社Amazon このブログの初期はタイトル通り社会について考えるブログでした。人口減少社会と経済がメインテーマでしたが、近年はもはや何がメインテーマなのかわからない状態となっています(笑)。久しぶり…

【92冊目】ビジネスの未来  山口周

ビジネスの未来――エコノミーにヒューマニティを取り戻す作者:山口 周発売日: 2020/12/21メディア: Kindle版 著者の山口氏はコンサルタントとして活躍し、近年はビジネスという枠組みを飛び出して、資本主義後の社会への展望へ軸足を移しているかのように見受…

【91冊目】人新世の資本論 斎藤幸平

人新世の「資本論」 (集英社新書)作者:斎藤幸平発売日: 2020/10/16メディア: Kindle版 2020/12/24現在、Amazonの経済学カテゴリで1位になっている本書について書評を書きたいと思います。本書は資本論後の後期マルクスを読み直すことで新たなマルクス像を描…

【90冊目】大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学 ブライアン・カプラン

大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学作者:ブライアン・カプラン発売日: 2019/07/17メディア: 単行本 恐らく、かなり多くの人がこう思っているのではないか。思っていてもなかなか触れられないデリケートなこの問題に、真正面からド直球で挑戦し…

【89冊目】ブルシット・ジョブ~クソどうでもいい仕事の理論~デヴィッド・グレーバー

ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論作者:デヴィッド・グレーバー発売日: 2020/07/30メディア: 単行本 2020/11/8現在 Amazonの経済思想カテゴリで1位となっているブルシットジョブ(クソどうでもいい仕事)というとても挑発的なタイトルの書評を…

【88冊目】構造と力~記号論を超えて~ 浅田彰

構造と力―記号論を超えて作者:浅田 彰発売日: 1983/09/10メディア: 単行本 コロナ禍以降の社会を見ていると、経済の急激な縮小、それと反比例する金融市場の膨張、家賃を払えなくなった人の急増、リモートワークの急拡大など、限界まで合理化された社会の内…

【87冊目】ごまかし勉強(上)(下) 藤沢伸介

ごまかし勉強〈上〉学力低下を助長するシステム作者:藤澤 伸介発売日: 2002/03/01メディア: 単行本ごまかし勉強〈下〉ほんものの学力を求めて作者:藤澤 伸介発売日: 2002/03/01メディア: 単行本 学校に行きたくありません。特に理由はないです。学校に行って…

【86冊目】現代経済学の直観的方法 長沼伸一郎

現代経済学の直観的方法作者:長沼伸一郎発売日: 2020/04/08メディア: Kindle版 本書は主にマクロ経済を主題としており、マクロ経済にまつわる様々なテーマを論じている。私はリーマンショックで経済に興味を持ち、経済に関する本を多少は読んできたが、本書…

【85冊目】新版 論文の教室 戸田山和久

新版 論文の教室 レポートから卒論まで (NHKブックス)作者:戸田山 和久発売日: 2015/03/30メディア: Kindle版 社会で生きていると何かしら長い文章を書かなければいけない時もあるかと思います。しかし、多くの人は学校で文章の書き方を習った記憶は遠い…

【84冊目】図解雑学 構造主義

構造主義 (図解雑学)メディア: 単行本 20世紀を代表する思想である「構造主義」の発生から「ポスト構造主義」への変遷を、古代ギリシャ哲学、近代哲学、または構造主義とクロスオーバーする様々な思想を交えながら解説した良書です。 20世紀中盤、ある哲学者…

【83冊目】中世の覚醒 アリストテレス再発見から知の革命へ リチャード・E・ルーベンスタイン

中世の覚醒 (ちくま学芸文庫)作者:ルーベンスタイン,リチャード・E.発売日: 2018/10/11メディア: 文庫 古代ギリシャの哲学者で「万学の祖」と呼ばれるアリストテレス。中世の西洋においてはアリストテレスの著作は既に失われており、わずかな著作が伝わるだ…

【82冊目】大衆の反逆 オルテガ・イ・ガセット

大衆の反逆 (ちくま学芸文庫)作者:オルテガ・イ ガセット発売日: 1995/06/01メディア: 文庫(前略)すなわち、十九世紀によって組織づけられた世界は、自動的に新しい人間を生み出したが、その際、その新しい人間に、恐るべき欲求とそれら欲求を満足させるた…

【80冊目】はじめよう! プロセス設計 ~要件定義のその前に 羽生 章洋【81冊目】ビジネスプロセスの教科書 山本政樹

はじめよう! プロセス設計 ~要件定義のその前に作者: 羽生章洋出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2016/11/22メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るビジネスプロセスの教科書作者: 山本政樹出版社/メーカー: 東洋経済新報社発…

【79冊目】選択の科学 シーナ・アイエンガー

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)作者:シーナ アイエンガー発売日: 2014/07/10メディア: 文庫 認知科学、認知心理学、行動経済学などをベースとして、「選択」という行為にフォーカスした好著。各人の文化的背景がどのように選…

【78冊目】人口減少社会の未来学 内田樹編

人口減少社会の未来学発売日: 2018/04/27メディア: 単行本 このブログは素人が社会について考える社会科学風味のブログであります。現代社会を、経済学や歴史哲学を横断しながら、俯瞰、敷衍するブログなのです。今回は私が社会を考える上での骨子となってい…

【77冊目】哲学がわかる因果性

哲学がわかる 因果性 (A VERY SHORT INTRODUCTION)作者: スティーヴン・マンフォード,ラニ・リル・アンユム,塩野直之,谷川卓出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/12/15メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (5件) を見る 私たちがこの世…

【74~76冊目】人類が生まれるための12の偶然、人類の歴史を変えた8つの出来事Ⅰ、Ⅱ

人類が生まれるための12の偶然 (岩波ジュニア新書 626)作者:眞 淳平発売日: 2009/06/26メディア: 新書人類の歴史を変えた8つのできごとI――言語・宗教・農耕・お金編 (岩波ジュニア新書)作者:眞 淳平発売日: 2012/04/21メディア: 新書人類の歴史を変えた8つ…

【73冊目】個性を捨てろ!型にはまれ! 三田紀房

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)作者:三田 紀房発売日: 2009/08/10メディア: 文庫 ドラゴン桜の作者が書いた本ですが、タイトルで秀逸な結論が出ています。 現代人は「自由」「個性」「オンリーワン」などと言う、よくわからない概念こそが素晴らし…

【72冊目】社会心理学講義<閉ざされた社会>と<開かれた社会> 小坂井敏晶

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)作者:小坂井 敏晶発売日: 2013/07/18メディア: 単行本(ソフトカバー) 以前からこの本が欲しいなと思いつつ、ずっとamazonのカートに入っていたが、たまたま友人がこの本を持っていたので譲…

【71冊目】完全版 自給自足の本

いつかは半農半Xみたいな半自給自足の暮らしが出来ればいいなと考えている。しかし、完全自給自足となるとかなりの初期投資が必要となり、金持ちの趣味になるのだろうか。遠い憧れを持ちつつ、たまにこの本を読んでいる。 開墾、住居の建築、様々道具につい…

【70冊目】ブッタとシッタカブッタ シリーズ

ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある作者: 小泉吉宏出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2003/05メディア: 単行本購入: 10人 クリック: 30回この商品を含むブログ (36件) を見るブッタとシッタカブッタ 2そのまんまでいいよ作者: 小泉…

【69冊目】宇宙創成(上)(下) サイモン・シン

宇宙創成(上) (新潮文庫)作者:サイモン シン発売日: 2009/01/28メディア: 文庫宇宙創成(下) (新潮文庫)作者:サイモン シン発売日: 2009/01/28メディア: 文庫 僕はかなり幼い頃から中学生ぐらいまでずっと疑問に思っていたことがあった。「目の前にあるこの…

【68冊目】海藻の歴史 カオリ・オコナー

海藻の歴史 (「食」の図書館)作者:カオリ・オコナー発売日: 2018/01/22メディア: 単行本 今取り組んでいる認知科学に関する記事の資料を探しに図書館へ行ったら新著コーナーにこの海藻の歴史という本が置いてあった。僕は海藻が好きでいつもわかめの味噌汁、…

【67冊目】未来の年表 人口減少日本でこれから起こること

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)作者: 河合雅司出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/06/14メディア: 新書この商品を含むブログ (19件) を見る このブログを始めたときのテーマは社会について考える「社会科学」だったはずな…

【64~66冊目】海嶺(上)(中)(下) 三浦綾子

海嶺(上) (角川文庫)作者:三浦 綾子発売日: 2012/08/25メディア: 文庫 江戸時代末期に、現在の愛知県からアメリカのシアトル近郊まで漂流した音吉達(おときち)の数奇な運命を描いた小説。 1832年、千石船宝順丸は乗組員13名を乗せて江戸に向けて出港したが…

【63冊目】欲望と資本主義~終わりなき拡張の論理~佐伯啓思

「欲望」と資本主義-終りなき拡張の論理 (講談社現代新書)作者:佐伯 啓思発売日: 1993/06/16メディア: 新書 著者が本書の中で述べているように、「資本主義」という言葉の語感にあまり祝福されない要素が含まれているような気がする。人間の感情を超えた非人…