蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸に、リベラルアーツを横軸に、システム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。email:arinkoblog@gmail.com

【97冊目】「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

 本書はライターとして活躍している著者二人が、文章術のベストセラー100冊から帰納的に要点を抽出し、わかりやすくまとめた文章技術を磨くための本です。
 私も文章が書くのが下手でいつも四苦八苦しているのですが、本書は要点がまとまっていて、とても分かりやすく参考になりました。特に参考になった点を箇条書きしたいと思います。

1位 文章はシンプルに
・削っても意味が変わらない言葉は省略する
・一分の長さの目安は60字以内
・ワンセンテンス ワンメッセージ

2位 伝わる文章には型がある
・結論が先、説明があとの逆三角形が基本

4位 文章は必ず推敲する

7位 接続詞を正しく使う
・必ず入れたいのは逆のことを書く場合(逆接の時)

9位 「正確さ」こそ文章の基本

11位 主語と述語はワンセット
・主語と述語はなるべく近づける

13位 「、」「。」をテキトーに打たない

15位 とにかく書く、たくさん書く

16位 わかりにくいと思ったら修飾語を見直す

25位 書き始める前に考える

30位 考えるために書く

 文章の書き方について、なんとなくわかっているつもりだったり、考えているつもりでも、上記のように明確に言葉で示してもらうと、自分が全くわかってなかったということを理解できます。とにかく一番大事なのは15位の「とにかく書く、たくさん書く」ということだろうと思います。最初からきれいな文章を書こうと考えるのではなく、たくさん書いて、推敲するということが一番重要なのではないかと思います。

web拍手 by FC2