蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸に、リベラルアーツを横軸に、システム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。email:arinkoblog@gmail.com

【90冊目】大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学 ブライアン・カプラン

 恐らく、かなり多くの人がこう思っているのではないか。思っていてもなかなか触れられないデリケートなこの問題に、真正面からド直球で挑戦したのが本書である。「大学への進学は学歴の獲得が目的であって、学んだことなど本当はどうでもいい。というか勉強なんてしたところで何の意味もない。」と多くの人が思っていても口に出せないことを、多角的な視点からデータを用いて論証している稀有な本である。

 本書が主張していることを私なりにまとめると、以下の点である。

1 学歴を得るために高い金を払って、さほど役に立たない勉強をしている。なぜならこの社会においては(中身はともかく)学歴がその人に貼られた品質保証書だからである。
2 アメリカ人の多くは四則演算以上のことはわからない。大学を出た人間でさえ、推論のテストで科学的方法論らしきものを用いて回答できた人はほぼ皆無である。
3 学校で学んだことは学校のテストでいい点を取ることにしか役に立たない。勉強することによって知能そのものが上がるという「学習転移」の理論は芳しい成果を上げていない。
4 それなのに教育者は学校で学んだことが社会で役に立つと言ってはばからない。しまいには「教育は魂の涵養だ。」などと言い出す。
5 学校で歴史や文学や外国語などのリベラルアーツを学ぶより、職業訓練を早くからやったほうが本人にとっても社会にとってもいいのではないか?
 
 端的にまとめるとこんなところだろうか。なんとまあ、ド直球な物言いだろうか・・・(笑)しかし、著者が言っていることは、一つの側面から考えた場合は無視することができない事実を多く含んでいる。 
 このような「教育の有効性」について考えるときに問題になってくるのは、「範囲をどこまで絞るか?」ということになってくる。大学は最高学府として様々な研究を行い、科学技術をはじめ、様々な成果を社会に還元しているのは確かな事実であり、大学が無意味だとはとても言うことは出来ない。この事実を背景とした「学問無謬説」「教育無謬説」「教育は神聖にして侵すべからず」という考え方が教育論の一方の軸となっている。しかし、著者が主張している上述の「大学無意味論」も一つの事実であることは間違いない。結局、「教育の有効性」という問題は、白か黒かの二元論に陥って答えが永遠に出ない論争になっている、というのが現状ではないだろうか。
 これまでは社会の安定や経済の成長というヴェールに覆い隠されて、この問題は必ずしも答えを出さなくてもよかったのかもしれない。「意味はなくてもとりあえず大学へ行っておけばいい」と問題を棚上げにしてこれたのかもしれない。しかし、これからの時代はそうはいかなくなるだろう。経済の成長が止まり、大学へ行っても「大学進学という多額の投資」を回収できるかわからない時代に入ってきている。そんな時代の中では教育の有効性という問題に真正面から向かっていかなければいけなくなるのではないだろうか。白か黒かの二元論を永遠に繰り返すのではなく、灰色の範囲にフォーカスし、教育の有効性を考えていくために本書はよい橋頭保となるのではないか。

web拍手 by FC2