蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸に、リベラルアーツを横軸に、システム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

ケインズの言葉

「事実が変われば、私は考えを変えます。それが何か問題でも?(笑)」
 20世紀の知の巨人、ケインズの言葉です。このシンプルで、軽やかで、シニカルな言葉の裏にとてつもない重みを感じます。人は事実を確認する前に思い込みによる自分の考えを絶対視したり、または自分の考えの核が無い場合は、状況に応じて無意識に自分の考えをコロコロ変えてしまいます。
 「事実の確認」という科学的で、最も基礎的な作業の重要さを認識させられます。ただし、ニーチェが「事実など存在しない。あるのは解釈だけだ。」という言葉を残したように、事実と解釈は紙一重だということも認識して、確証バイアスの罠にも気をつけなければいけないと思います。

f:id:pochi0326:20190707235701j:plain

web拍手 by FC2