蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸に、リベラルアーツを横軸に、システム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。email:arinkoblog@gmail.com

灰色のスペクトラム

 僕が人間の思考を勉強し始めたとき、特に理解が難しかったのが ”人間の思考は灰色のとても曖昧なスペクトラムで線引きが非常に困難” という点でした。「考えている」と「考えていない」の間に明確な線を引くことはできず、「知っている」と「知らない」の間にも明確な線を引くことは出来ず、発達障害者と定型発達者の間も紙一重だったりします。
 もう一つ処理が難しかったのが、「システム1で生成された「思いつき、思い込み」「願望や確証バイアス」をベースとした安易な結論を、ロジカルな体裁で仕立てあげた後付け思考」をどう判断していいかが難しかったです。ロジカルシンキングの本を読むと「結論から述べて、シンプルに、根拠と結びつけながら~」という説明がよく書いてありましたが、そもそもその結論自体がチープな思いつきであることが多く、単なる高度なつじつまあわせを論理的思考と言えるのかという問題をどう記述するか悩みました。
 この形が無い灰色のスペクトラムを抽象化したり、具体化したり、型を作ってはめ込んでいくという作業がパズルみたいで案外面白いなと思います。

web拍手 by FC2