蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にシステム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

認知科学と仏教

 認知科学を学ぶ人の一定の割合が、大乗仏教唯識論との間にかなりの親和性を見出すのではなないだろうかと最近思います。大乗仏教唯識派が1700年も昔に最新の認知科学に勝るとも劣らない、人の心に関する深遠で精緻な理論を構築していたことに驚きを禁じえません。仏教ウェブ入門講座というサイトに

(前略)ところでこの「八識」については、ロボット工学の分野でも、ロボットコンテストの開催を最初に提唱した東京工業大学の森政弘名誉教授などは、「仏教では八識に基づいて心理の詳細巧妙な解析を展開しており、その精緻さには驚くべきものがある」と言っています。

また、マサチューセッツ工科大学でAI(人工知能)を研究するマービン・ミンスキー教授は、このように言っています。「人工知能をやろうとすれば、当然ながら人間の知能それから心の仕組み、働き方が標的になり、とくに心の研究には仏典が比類なきテキストになる」

と記載されていました。仏教恐るべし・・・恐るべきは仏教よ・・・

 何かを知りたいと思い、必死で学び考えある程度知識が蓄積したときに初めてその全体像の大きさと精緻さに気付くことが出来て己の無知を痛感します。まさに筋斗雲で宇宙の果てまで飛んで行ったと思い込んだ孫悟空がお釈迦様の掌の上にいた状態。大乗仏教唯識論という偉大な思想が1700年も前からこの世界にあったことを最近知ることが出来て自分の無知をまた一つ知ることが出来ました。