蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸に、リベラルアーツを横軸に、システム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

近代以前と近代以降の人々の視野

 「近代以前の人々の視野はとても広かった」と言われると違和感を感じるかと思います。「科学もなく迷信と宗教の中で生きていた人々の視野が広い・・・だと?・・・」と感じるかと思います。確かにある一面においてはその通りなのですが、近代以前の人々の視野は下記の意味においてはとても広かったのではないかと思います。
 なぜ彼らの視野が広かったというと、彼らは自然と直接向き合っていたからです。自然をコントロールする術を持つはずもなく、日照りによる飢饉、大雨による洪水、疫病に対して祈祷で対抗していました。自然が直接生命にまで干渉してくる世界の中で生きている以上、彼らは自然という大きなものを意識せざるを得なかったと思います。古代より人は宇宙や太陽を常に意識しながら生き、社会を作ってきました。中世西洋においては星(惑星)が社会と人間に影響を与えていると考えられていました。占星術など「あの人は火星という星の下に生まれた人だから気性が荒いんだよ!」等の考え方が本気で信じられていました。自然や宇宙のさらに上位にある大きな存在である「神、宗教」は近代以前の社会では絶対的な存在だったと言えるかと思います。ここで近代以前の世界観は非科学的で間違っているとかそういうことは問題ではなく、近代以前の人々の心は自然、宇宙、神という巨大なものと直接つながっていたということを強調したいと思います。
 職業の分化は農業の誕生とともに複雑になっていきましたが、産業革命以降、職業の分化は爆発的に加速しました。アダムスミスの「国富論」がピン工場の分業の例から始められていることは有名です。一人の職人がピンを最初から最後まで製造するよりも、複数の労働者で作業を分担してピンを製造したほうが、ずっと効率が良く生産性が高い、とスミスは言います。なぜなら、分業の結果として、①個々の作業に特化することで労働者の腕前が向上し、②ある作業から別の作業へと移る際の時間が節約されるとともに、③各作業を容易にする多数の機械が発明されやすいからだ、というのです。(太字部分は http://dameinsei.hatenadiary.jp/entry/2012/11/23/052114 より引用しました。)
 このように科学革命を経て、産業革命以降は分業制の爆発的進化により社会は細分化、専門化されていき、人々の視野もまた細分化、専門化されていったと思います。そして現在の超高度情報化社会の中ではその細分化は極限まで達しつつあり、人々はインターネット上の自分の好きな仮想空間の中に閉じこもるようになったのではないかと思います。例えばネットのRPGに閉じこもったり、インスタグラムなどのSNSの中に閉じこもったり、Amazonでワードを検索するだけで数十、数百の商品が表示されたり・・・。
 だから何だというわけではないのですが、現代人は情報過多のこの時代、知らず知らずのうちに細分化された小さな世界に「閉じ込められつつある」という意識を持つだけでも世界観は変わっていくと思います。

参考記事
【書評】欲望と資本主義

web拍手 by FC2