蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にシステム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

リベラルアーツについて

リベラルアーツについて
 リベラルアーツとは自由を獲得するための知識を増やす活動です。リベラルアーツのリベラルとは「自由」という意味で、その源流は古代ギリシアまでさかのぼります。古代ギリシアには、「自由市民」と「奴隷」の二つの身分がありました。自由人として生きていくためには知識を身につけていなければなりませんでした。なぜなら知識が無ければ人に利用されるだけの奴隷として生きていくしかなかったからです。自由に生きていくためには知識を身につけなければいけないという考え方、概念がリベラルアーツです。後に「文法」「修辞学」「論理学」の3学と、数学に関わる「算数」「幾何」「天文」「音楽」の4学で構成される「自由7科」として古代ローマに体系化されました。
 人は知識を得ると知識を得た分だけ自由になれると思います。例えば文字を覚えればありとあらゆる場面で役に立ちます。何が書いてあるかわからないという不自由から解放されます。パソコンの便利な機能を一つ覚えるとそれを知らなかった今までの不自由で非効率な状態から一つだけ解放されます。車の運転の知識を得て免許を取ればその分だけ行動の自由が増えます。徒歩や公共交通機関だけしか使えないという不自由な状態から解放されます。知識を積み重ねることで様々な不自由から解放されていきます。リベラルアーツとは知識を積み重ね思考の自由を得ることで硬直した不自由な価値観からの解放を目指した活動と言えるでしょう。
 ただし自由と孤独は表裏一体です。思考の自由を得ることで誰とも分かり合えない孤独に陥ることもあるかも知れません。しかし孤独を恐れることなく本当の「自由」を目指す勇気もまた必要なのかもしれません。下記に大阪大学文学部長 金水敏さんの言葉を引用します。世間からの「文学部って何の役に立つの?」という声に対する考えを語ったものです。

「(前略)その時、(文学部で)学んだ事柄が、その問題に考える手がかりをきっと与えてくれます。しかも簡単な答えは与えてくれません。ただ、これらの問題を考えている間は、その問題を対象化し、客観的に捉えることができる。それは、その問題から自由でいられる、ということでもあるのです。これは、人間に与えられた究極の自由である、という言い方もできるでしょう」
「人間が人間として自由であるためには、直面した問題について考え抜くしかない。その考える手がかりを与えてくれるのが、(文学部で)学ぶさまざまな学問であったというわけです。」

web拍手 by FC2