蟻の社会科学~リベラルアーツとロジカルシンキング~

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にロジカルシンキングを最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

【53冊目】【54冊目】サピエンス全史(上)(下) ユヴァル・ノア・ハラリ

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

 ビッグヒストリー。世界30ヶ国で刊行されて世界的なベストセラーとなっているらしい本書。類人猿だった頃の人類から遺伝子工学の発達した未来の超サピエンスまで人類の歴史全般を取り扱っています。
 小中高時代に教わる歴史というと歴史の年号と歴史的な個別の事象をリンクして覚えたり、卑弥呼織田信長伊藤博文など具体的な事項や人物等を教わります。対して本書は抽象的な概念をうまく使い、人類の歴史をかなり大まかに抽象的に、しかし的確に切り出しています。

認知革命(抽象的思考の誕生)と神話(虚構)による小社会の誕生
狩猟採集生活と農業革命
神話による社会の拡大と文字の発明とヒエラルキーの誕生
貨幣、帝国、宗教による社会の共通化
科学革命と資本主義と帝国主義
国家と市場経済と世界平和
これからの世界

 歴史のような壮大な物語を一つ一つミクロ視点で具体的に見ていくと収拾がつかなくなりますが、本書のように抽象的にマクロ視点で大掴みで全体像をとらえて時代の背景を知ることにより、歴史の具体的事象を的確に捉えることが出来るようになると思います。