蟻の社会科学~リベラルアーツとロジカルシンキング~

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にロジカルシンキングを最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

FRB議長がブータンのGNHに言及する時代


 米連邦準備制度理事会FRB)のバーナンキ議長は6日、マサチューセッツ州の会合でビデオ出演し、経済の「豊かさ」を測るための新たなミクロ指標を模索する必要があるとの見解を示し、ブータンの「国民総幸福量統計」が参考になると述べた。
 バーナンキ議長は、国内総生産(GDP)などは「指標が回復しても、多くの個人は困難に直面している」実態を説明できないと指摘。生活実感に根ざした指標に目を向ける必要があるとし、ブータンが導入した国民総幸福量統計が代替指標の一つになり得るとした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120807-00000113-san-bus_all
 俺のような無責任なブロガーや象牙の塔の学者や評論家が「幸せってGDPだけじゃない。人間の幸せは経済だけで測れない!」なんて妄言を吐くのはありふれた光景ですが、FRB議長がブータンのGNHについて言及するなんて世も末か・・・。
 資本主義はその原理上、永遠の拡大再生産という宿命を定められています。資本主義を社会システムの土台としている現代社会は成長が止まってしまったら、社会を現状維持することさえ困難になってしまう。その永遠の拡大再生産を続けるために必要な大きな要素の一つとして「人間の強い欲望」があります。「豊かになりたい!」という人間の願望こそが永遠の拡大再生産を実現し続けるために必要不可欠な要素の一つと言えるでしょう。
 「豊かさはお金だけじゃない!」という真理は確実に存在します。しかし、世界中の人がそう思ってしまったら「人間の強い欲望」をエンジンとする現代社会は崩壊してしまうという、実にもどかしいパラドックスが存在しています。「豊かさはお金じゃない。のんびり暮らそうよ」という素朴な願望を社会で実現しようとしても、資本主義社会はそのような素朴な願望を決して許しません。
 「永遠の拡大再生産の宿命」と「お金だけではない豊かな暮らしへの願望」の狭間で漂流し続ける現代社会は一体どこへいくのだろうか。