蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にシステム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

少子高齢化社会と移民政策の是非〜どこから人を呼ぶのだろうか?〜

 千葉県香取市にある特別養護老人ホーム「杜の家」。ここは、2008年8月に外国人介護士の第1陣としてインドネシアから来日したスウォト君(29歳)の就労先だ。この日の勤務が終わりに近づいた午後4時半、スウォト君が2階フロアの一角の机でノートを開いた。〈リビング内でウロウロされていることがある。トイレの声かけすると「はい」と言われる。トイレへゆうどう。便多量……〉慣れた手つきで、入居者の様子を日誌に記入していく。日本語でボールペンを走らせる速さも日本人と遜色ない。
 筆者がスウォト君と初めて会ったのは、来日を2か月後に控えた2008年6月のこと。ジャカルタで取材した彼は、日本語が全くできなかった。それを思えば、4年間で驚くべき進歩である。もともと看護師をしていたスウォト君は、日本のアニメ「NARUTO」の大ファンだった。憧れの国で働けるチャンスがあると知り、日本行きを希望した。その理由を当時、彼はこう語っていた。「第1は、お金のため。日本では最低でも月1000万ルピア(約9万円)を稼ぎたい」
 その夢は簡単に叶った。日本で働き始めると、月16万円以上の収入が得られたのだ。インドネシアにいた頃の月収1万円とは大違いである。今年1月の国家試験は不合格だった。それでも規定の点数を獲ったことで、来年に再チャレンジする権利を得た。しかし、スウォト君は仕事を辞め、6月に帰国していく。「仕事に疲れました……」インドネシアにはフィアンセがいるが、仕事の当てはない。日本に残れば、最低でも1年は仕事を続けられる。しかも国家試験に合格すれば彼女を呼び寄せ、日本で永住することも可能なのだ。「いや、もう日本はいいです。お金がすべてじゃないでしょ?」スウォト君にとって、もはや日本は「憧れの国」ではなくなっていた。
 「仕事面では十分に戦力になっていたのに、残念です」「杜の家」の上野興治施設長は肩を落とす。施設側はスウォト君を最大限支援してきた。国家試験の勉強のため、月2回は東京の専門学校へと泊まりがけで派遣した。交通費や宿泊費を含めると、費用は年100万円に上った。そうした投資も無駄になってしまう。インドネシアからの第1陣としてスウォト君ら介護士と一緒に来日し、1年早く就労期限を迎えた104人の看護師は、すでに6割以上が帰国してしまった。日本に残って国家試験に再チャレンジする者は少数に過ぎない。今年8月までに決断を迫られる介護士の場合も、看護師と同じパターンとなる可能性が高い。
◎SAPIO2012年6月6日号
http://www.news-postseven.com/archives/20120526_108966.html
 少子高齢化社会の進展と同時に燻り続ける移民政策の是非。一番最初に俺の考えを書くと移民推進政策は反対です。「移民を受け入れることにより日本人のホニャララが失われる〜〜・・・」という保守的な考えももちろん持っていますが、それとはちょっと違う視点で移民政策には反対です。その理由を大まかに書くと
1、「人間が減ったから人間を輸入すればよい」という考え方そのものに対する反対。

2、そもそも日本に外国から人が来てくれるのだろうか?

3、移民政策は少子高齢化対策にはなり得ない。

4、移民先進国の欧州では「多文化主義」はうまくいっていると言えるのだろうか?



その1についての考察 
 移民推進政策の根底にあると俺が感じるのが少子高齢化によって経済が停滞、縮小しているな・・・。そうだ!人間を輸入すれば全てが解決する!人間が減ったんだから人間を輸入すれば解決する問題じゃないか!そうすればまた経済は成長する(・∀・)!しかし人間の輸入という言葉はあまりにも直接的過ぎるので、グローバリゼーションやコスモポリタニズムという言葉を前面に押し出していこう!」という考え方です。何か禍々しいものを感じるのは俺だけではないのではないだろうか。グローバリゼーションもコスモポリタニズムも別に否定するわけではありません。人類が必然的に(良いか悪いかは別として)辿り着くのそこだと思います。ただ経済成長を目指すための隠れ蓑としてグローバリゼーションやコスモポリタニズムを全面に押し出し、移民政策を推進することが何か大きな違和感を感じます。
その2についての考察
 俺は日本が大好きです。日本は素晴らしい国だと思いますが世界中から移民が集まってくれるかと言えば「?」と思います。移民先進国のドイツではトルコ系移民を長年受け入れ続けていましたが、近年ではトルコ系の移民が減少しているようです。(データは割愛!)それはドイツの魅力がなくなったとうより「トルコが経済成長してドイツに行く魅力が薄れた。」ということのようです。
 現在の新興国は経済成長という果実を貪りながらも同時に少子高齢化という、日本が過去に辿ってきた道を歩みつつあります。新興国は経済が成長していますが、将来的には日本同様に少子高齢化により生産人口の減少が見えています。これからの時代は全ての国が人間を必要としている時代です。そんな時代の中で一体どこから移民を集めるというのだろうか?移民推進政策の根底に「移民政策を推進すれば、無尽蔵に移民を日本に集めることが出来る。」という、何か大きな勘違いとも言える考え方があるのかもしれません。その考え方に疑問を持ちます。
その3についての考察
 「移民を入れることによって少子高齢化を改善できる。」という考え方自体に大きな疑問を持っています。再びドイツを例に出しますが、あれほど移民を受け入れてきたドイツは少子高齢化は止まらず、人口減少も確実な状況です。移民によって出来た国のアメリカでさえ、人口は増加していますが高齢化は止めることが出来ません。高齢化は別に悪いことではないと思いますし、むしろ素晴らしいことかもしれません。しかし移民推進によって少子高齢化を止めようという考え方は何かアサッテの方向を向いたトンチンカンな考え方なのではないだろうかと思います。
その4についての考察
 最後に現実的な話になりますがヨーロッパの例を考えた場合「多文化主義」は現実問題それほどうまくいっていないような気がします。人類が最後に辿り着く場所はコスモポリタニズムなのかもしれませんが、その理想を実現するほどの時代には達していないのではないのだろうかと思います。移民先進国のヨーロッパでさえ「多文化主義」をうまく消化できていない現状、移民後進国の日本で「コスモポリタニズム」を実現できるかどうかは疑問です。
まとめ
 「移民を受け入れによるバラ色の経済成長を夢見る前に、まず足元を見ようぜ?」移民を受け入れれば全てが解決するわけではない。夢を見る前に現実を考えることこそが重要なのではないかと、俺は思います。