蟻の社会科学~リベラルアーツとロジカルシンキング~

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にロジカルシンキングを最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

高齢フリーターが増えているらしい。


 フリーターの高齢化が進んでいるそうだ。15日の日経夕刊は、アルバイトやパートで生計を立てている35〜44歳が50万人(2011年平均)に上り、過去最高になったと伝えた。就職氷河期に高校や大学を卒業した人たちが40歳前後になった影響としている。みんな20年前後もフリーター生活を続けているということだ。
 企業はどんどん海外に出て行き、国内は仕事が減っている。雇用環境が改善する見込みは薄い。大学を卒業しても、働くのが難しい時代に入っている。新卒者は中国、ベトナム、タイ、インドネシアといった国の人たちとスクラッチで競争だ。高い給料をもらって働くには、何らかの技術や能力が必要。学歴だけでは、どうにもならなくなっている。
 日本は終身雇用で、一度就職すると、なかなか辞めない。最近は少し状況が変わってきたが、万人が活発に転職する社会ではないし、それまでに積み上げた知識や技能がピカピカに光っている人材は企業にとっても大切だろう。しかし、それで雇用が硬直化すれば、若い人たちの機会が失われる。
 パート暮らしは老後も厳しい。現在は主に自営業者向けの国民年金に加入している人が大半だろうが、毎月6万円程度の給付では大変だ。小生は厚生年金と私学共済を受け取っているが、それでも電気やガス、水道など、生活に欠かせないライフラインの負担などでおおむね消える。日々の食費は妻の年金で賄っているのが実情だ。
 給料が安いフリーターは、蓄えもないだろう。これから、さらに20年後、50万人の中高年フリーターが60歳前後を迎えるとき、満足に暮らせなくなる恐れは強いのだ。もしかしたら、老人たちの暴動により、社会は非常に不安定になるかもしれない。
 野田首相は今年1月、連合の古賀会長らを官邸に招いた際、「分厚い中間層の復活を理念に掲げている」と強調。「非正規雇用対策の充実を期した法案を提出する」と話した。今国会にフリーターの年金対策を盛り込んだ法案も提出する。しかし、厚生年金などに加入できるようになる非正規労働者の数は、当初の370万人から45万人に縮小された。
 やるべきことは増税だけではない。
http://news.livedoor.com/article/detail/6381725/
 高齢フリーターが増えているようです。一つの観点から高齢フリーターを考えた場合、「努力不足」「自己責任」という単語で無慈悲に切り捨てることが出来るかもしれませんが・・・。高齢フリーター問題について考えてみよう。そもそも「フリーター」という概念が生まれたのはいつからなのだろうか。そして現代の「フリーター」「正社員」という二項対立の構図が生まれたのはいつなのだろうか。
 ウィキペディアによると
1991年(平成3年)厚生労働省が実態調査のために以下のような定義を設けた。しかし、各所で使用される「フリーター」という言葉は、依然として曖昧なままである。
* 年齢15歳から34歳(以下若年者)で、在学していない者のうち、以下の条件を満たす者
1. 現在就業している者については、勤め先における呼称が「アルバイト・パート」である雇用者
2. 現在無業の者については、家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者

 1980年代頃から「縛られず自由に生きる前向きな若者=フリーター」という概念が生まれたような気がします。では「フリーター」のオルタナティブの存在である「正社員」という概念はいつ頃生まれたのだろうか?(少なくとも江戸時代には「正社員」という概念は存在していなかったのではないだろうかと思います。士農工商という絶対的階級は存在していたでしょうが。)戦後の高度経済成長の末に「フリーター」「正社員」という二項対立が生まれたのはいつなのだろうか?フリーターと正社員という二項対立の構図が社会の中で鮮明に浮き上がってきたのが1990年代以降なのではないだろうかと思います。
 1990年代以前も何かしらの格差は存在していました。しかし「世界で一番成功した社会主義国家日本」「一億総中流」の風潮の中で「豊かな社会の中で自由に生きる自由人」として前向きな存在としてフリーターが存在していたと思います。しかし、1990年代以降の貧しくなる日本社会の中でフリーターは「単なる非正規労働の負け組み」となり、そのオルタナティブとして「正社員」というものが存在感を増したような気がします。
 豊かになり続ける社会ではどんな人もヒーローだ。自営業やフリーターなどの自由に生きる人も、コツコツ会社員として生きる人も。経済成長のヴェールがすべての人を包んでくれる。しかし、ひとたび経済成長のヴェールが社会から取り払われてしまえば、「自由に生きる人≒フリーター」は単なる負け組と定義され、コツコツ生きる正社員が相対的に勝ち組と定義される社会です。しかし、これからの社会は正社員でもフリーターでも多くの人が貧しくなる社会です。(極端な言い方をすれば)これからは全員がフリーターだ!そんな社会の中で「フリーター」「正社員」という二項対立の構図は永遠に続くのでしょうか?
 正社員であれば永遠の命を得られるわけでもなく、永遠の雇用が保証されているわけでもなく、永遠に昇給し続けるわけでもありません。フリーターなら即死するわけでもありません。(極端な言い方ですが)全員がフリーターのようなものになるとするならば、全員が「正社員より幸せなフリーター」を目指す時代というのも悪くは無いのではないかと思います。

                                                          • -

関連記事
フリーター、家を買う
格差社会論 その3 〜経済成長のヴェールの消滅