蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にシステム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

地域限定で全頭検査 福島産肉牛 「飼料不足やむなく」 

★地域限定で全頭検査 福島産肉牛 「飼料不足やむなく」 
福島県南相馬市の農家が出荷した肉用牛11頭から暫定基準値を超える放射性セシウムが検出された問題で、県は11日、計画的避難区域と緊急時避難準備区域から出荷する牛の枝肉を全頭検査し、他地域の牛も農家1軒につき1頭を出荷前に枝肉にして検査する方針を決めた。
 国は3月19日、屋外保管していた飼料を家畜に与えないよう通達。しかし、農家では稲わらは昨秋の収穫後から水田に保管、牧草は原発事故後に刈り取り牛に与えていた。県には「事故前に収穫した餌を与えた」と申告、外での保管も伝えていなかった。県の聴取に「震災後に配合飼料が不足し、やむなく与えた」と虚偽申告を認めた。
 一方、この農家が5〜6月に出荷した別の6頭のうち、4頭分の肉が少なくとも計10都道府県に流通していた問題で、東京都は11日夜、該当の肉が中央区荒川区で計57・5キロ販売され、府中市でも一部販売されていたことを明らかにした。府中市の肉からは1キロ当たり3400ベクレルの放射性セシウムが検出された。静岡市で14・8キロ、横浜市でも静岡市と同じ牛の肉52・2キロを消費者に販売。この肉からも1998ベクレルの放射性セシウムが検出された。川崎市では38・8キロが都内の業者に販売され、徳島県阿南市でも8・8キロが販売された。6頭のうち5頭は都内で処理、1頭は栃木県内で処理され東京に運ばれ、いずれも東京都中央卸売市場でせりにかけられ流通した。問題の牛を飼育していた福島県南相馬市の農家は国の指導に反する飼育を行っていたが、県などの調査を完全にすり抜けていた。
 「自己申告を信用したが甘かった。検査を強化したい」。福島県の鈴木義仁農林水産部長は、今回の事態を受け、こう語った。肉牛の出荷に際し、県はこれまで体表面に付着した放射線を検査するスクリーニングを全頭を対象に実施。内部被曝(ひばく)については、飼育状況や餌の保管方法を聞き取り調査していたが、この農家は問題なしとされていた。
 「ちゃんと指導を守った餌を与えていたら、放射性物質が検出されるはずがない」。こう憤るのはチェルノブイリ原発事故でも汚染された飼料を食べた牛から放射性セシウムが検出されていたとして、農林水産省や県に検査強化を訴えていた厚生労働省幹部だ。検査強化策が打ち出される中、枝野幸男官房長官は11日午後の会見で「関係省庁がどういうことが可能か、より安心感を高めるため、全頭検査を検討している」と述べた。ただ現実は厳しい。厚労省幹部は「国内で一日に流通する枝肉は数千本。すべての検査が不可能なことは、長官も理解している」と指摘した。
 実際に検査を行う自治体からは「『全頭』と軽々しく口にしてほしくない」との声も。今回11頭の牛肉を調べた東京都は「ひとつの検体を調べるのに1時間はかかる。チェックも徹夜作業だった」と振り返る。南相馬市の畜産関係者からは、牛を出荷した農家に対して同情の声が漏れた。JAグループ福島肉牛振興協議会の和田山孝明副会長(60)は「東電原発のせいだ」と語気を強め、「稲が取れず、輸入の稲わらも配合肥料も高騰している。餌代の補償や支援もない中、畜産家は報われない」と支援を訴えた。(以上)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110712/dst11071201090001-n1.htm

                                                                                                                  • -

 俺も「放射能に汚染された食物は食べたくない」と正直に、素直な気持ちで思う。汚染された食肉を流通させた生産者、国や東電に対して怒りの世論があるのも理解できます。しかし福島県近郊で第一次産業に従事していた人たちの気持ちを考えると泣けてくる。ただただ一生懸命働いていたのに、ある日突然全てが失われた上に、自分ではどうすることも出来ずにやむなく食肉を出荷せざるを得なかった畜産家の人の気持ちを考えると痛ましい。

 しかしこの牛肉だけを槍玉に挙げるのも不思議な感じがする。原発の事故の後、食品に対する放射能の暫定基準が大幅に引き上げられました。
食品放射能暫定基準(数値については多少の誤差があるかもしれない)

                                                            • -

アメリカの水の基準 0.1ベクレル
世界の水の基準 1ベクレル
チェルノブイリの水の基準 10ベクレル
日本の水の基準 300ベクレル 世界の300倍

世界の食べ物の基準 10ベクレル
チェルノブイリの食べ物の基準 37ベクレル
アメリカの食べ物の基準 170ベクレル
日本の食べ物の基準  2000ベクレル  

世界の空間線量の基準 1ミリシーベルト
日本の空間線量の基準 20ミリシーベルト 

チェルノブイリの土壌基準 493ベクレル ※これ以上は農業禁止
日本の土壌基準      5000ベクレル ※これ以上は作付け禁止 

                                                            • -

 この汚染された牛肉を食べることより、この暫定基準値のまま食品が流通していることのほうが重大な問題なのではないのだろうか・・・?汚染された食肉を流通させたことは大きなニュースになるが、この暫定基準値については誰も気にしていないことのほうがなんだか不気味だ。
 ピンポイントでこの畜産家を問題にしてもしょうがないと思います。暫定基準値のまま食品が流通している現状のほうがよほど大きな問題だとは思いますが、どうすることも出来ない。