蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にシステム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

君が代論争について

 卒業式の国歌斉唱で起立しなかったことを理由に、退職後に嘱託教員として雇用しなかったのは違法として、東京都立高の元教諭が都に損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は30日、起立を命じた校長の職務命令を合憲と判断し、元教諭側の上告を棄却した。都に賠償を命じた1審判決を取り消し、元教諭側の逆転敗訴となった2審判決が 確定した。最高裁は平成19年2月、国歌伴奏を命じた職務命令を合憲と初判断したが、国歌斉唱の起立命令に対する合憲判断は初めて。
 元教諭は16年3月の都立高の卒業式で起立せず、都教委から戒告処分を受けた。19年3月の退職前に再雇用を求めたが、不合格とされた。同小法廷は判決理由で、卒業式などでの国歌斉唱の起立は「慣例上の儀礼的な所作」と定義。起立を命じた職務命令について「個人の歴史観や世界観を否定しない。特定の思想の強制や禁止、告白の強要ともいえず、思想、良心を直ちに制約するものとは認められない」と指摘した。その上で、「『日の丸』や『君が代』が戦前の軍国主義との関係で一定の役割を果たしたとする教育上の信念を持つ者にとっては、思想、良心の自由が間接的に制約される面はあるが、教育上の行事にふさわしい秩序を確保するためには合理的だ」との判断を示した。
 判決は4人の裁判官の全員一致の意見で、うち3人が補足意見を付けた。竹内行夫裁判官は「他国の国旗、国歌に対して敬意をもって接するという国際常識を身に付けるためにも、まず自分の国の国旗、国歌に対する敬意が必要」とした。
 1審判決は職務命令の違憲性を否定したが、「起立しなかったのは1回だけで不採用は裁量権の乱用にあたる」として都に約210万円の賠償を命じた。2審東京高裁は職務命令の合憲性を認め、命令がある以上、元教諭は従う職務上の義務があるとして、1審判決を取り消し、逆転判決を言い渡した。(一部略)
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110530/trl11053017440005-n1.htm
 この問題はリバタリアンvsコミュニタリアンの構図と似たようなものなのかな〜?
「日本人はなぜ日本語を話すのか?」という問題があったとした場合、答えなんて別に無いだろう。ただ「日本に生まれたから」それだけだ。それと同じで国旗や国歌、引いては国家を愛する気持ちは人間に発生する自然な感情であり、その気持ちを無理に否定することは出来ないだろう。問題はそれを強制するかどうかと言うことだが、その点については俺はなんとも言えません。
 ただ「思想の自由」を盾に国歌斉唱時の起立を拒む人にとっては「国歌斉唱」は「人間に発生する自然な気持ち」の反映ではなく、「国から押し付けられたから歌う=思想の自由の侵害」との認識を持っているのだろうか。国が「日本人は日本語で話そう」と言ったら思想の自由を盾にそれに反発するのだろうか?
 「思想の自由」を盾に国歌斉唱の起立を拒むということは「人間が、ごく自然に持つ気持ち」を否定していて、それこそある意味、思想の自由を無視しているのではないだろうか。そういう人は「強制されてもされなくても」起立しないんだろ?