蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸に、リベラルアーツを横軸に、システム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

フリーター、家を買う

同名の小説、ドラマがあります。俺は見たことはないんだけど。ネットで粗筋を見たところ様々な経験を経て最後は正社員になって頑張るって話みたいですね。

俺の大学時代の友達の話。友達は仮にA君とします。A君は大学卒業後、田舎に帰りました。実家に帰り、「正社員」「非正規」「フリーター」などの形態を問わずに田舎で何かしら仕事をしていました。A君は現在は「フリーター」をやっています。しかし、A君は現在、一戸建ての家を所有し奥さんと子供を2人持って楽しく暮らしています。その点についての考察です。
 A君は実家に帰った後、実家暮らしのメリットを享受し貯金を貯めました。そして奥さんと知り合い結婚をしました。A君の奥さんも同じような感じで実家で暮らしながら貯金を貯めていたようです。二人とも貯金をしようと思っていたわけではなく実家で暮らしていたら何となく貯金がたまったって感じのようです。田舎は土地が安いので一戸建てを買うとしても二人の貯金を合わせれば購入金額の半分以上は頭金があったようで、実家の近くに中古の一戸建てを買いました。残りはローンか親からの援助かは知りませんが、とにかくさほど金銭的負担も高くなく住居を購入したようです。
 A君は推定年収250万くらいかなぁ。奥さんも同じような年収だと思います。二人合わせて推定世帯年収450万〜500万ぐらいかなぁ。子供が2人いますが近くに住む親の助けもあり、奥さんもフルタイムで働ける環境にあります。
 A君は「フリーター」ですが車も持っていますし、大型薄型液晶テレビも持っていますし、パソコンも持っています。家庭菜園で野菜を作ったり、地元のサッカークラブでサッカーもやっていますし、子供と一緒に趣味の釣りも楽しんでいますし、冬になれば家族一緒に地元のスキー場でスキーを楽しんでいますし、趣味の読書も楽しんでいます。とにかく人生を楽しんでいます。
 A君は「フリーター」です。しかし、一般論で言うところの「フリーター、派遣は努力不足だ。」という考えに当てはまるだろうか?A君は努力をしていないのだろうか?「正社員ではなく、努力不足のフリーターならもう人生に安定はない。」という通念もありますが、A君の人生に安定はないのだろうか?
 A君夫妻が一戸建てを買い、奥さんも働いて生活を成り立たせることが出来るのは「家族」がいたからです。家族がいたからこそA君も奥さんも貯金が出来て家を買えたわけですな。家族がいるから奥さんは子供を任せてフルタイムでも働くことが出来るわけですな。A君がフリーターで年収250万円だとしてもA君、奥さん、両親全員の収入を合わせれば800万以上の生活を送っています。
 「フリーター」のA君は大企業の年収800万以上の「正社員」より安定がなく、貧しい暮らしをしているのだろうか?と常々考えています。