蟻の社会科学~リベラルアーツとロジカルシンキング~

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にロジカルシンキングを最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

蟻の社会科学的方法論

 14世紀の哲学者・神学者のオッカムの考え方で「オッカムの剃刀」と呼ばれる思考方法があります。「(剃刀でスパスパ切り取って)ある事柄を説明するためには、必要以上に多くの仮定をするべきではない」 という考え方です。俺もあまり難しく考えずに問題を定義して考えたいなぁと思います。物事をややこしく考えることで論点がぼやけて結局問題は何なのかわからなくなってしまうことがあると思います。また全ての学問に通ずるところがあると思われるアプローチ方法ですが「限界を考える。」「極端を考える。」そして「限界を定義する。」このアプローチ方法は何かと使える思ってます。「この限界、極端を考える」というアプローチ方法を元に「現在の日本というシステムの限界」etc・・・という方向で色々展開していきたいと考えています。要するに単純なモデル化ということです。