蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸にリベラルアーツを横軸にシステム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

【70冊目】ブッタとシッタカブッタ シリーズ

ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある作者: 小泉吉宏出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2003/05メディア: 単行本購入: 10人 クリック: 30回この商品を含むブログ (36件) を見る 以前、図書館へ行って仏教コーナーを見ていると、何だか…

完成

第14章 論理的思考その2 の一部 第19章 自己中心性と認知的不協和 第21章 読書 を追加して12/6の記事が完成しました。第17章は大作につき、別に記載予定。 システム1の重力圏を飛び出して、自由に考えを張り巡らせることが出来るシステム2の無重…

88%ぐらい完成

12/6の「ブログの新ガイドライン(2)私の中のミクロコスモス」が大体完成しました。数年前から始めた思考の勉強ですが、最初はロジカルシンキングのビジネス本から始めました。しかし、ロジカルシンキングの本を読むととても具体的でよくわかる部分もあれ…

灰色のスペクトラム

僕が人間の思考を勉強し始めたとき、特に理解が難しかったのが ”人間の思考は灰色のとても曖昧なスペクトラムで線引きが非常に困難” という点でした。「考えている」と「考えていない」の間に明確な線を引くことはできず、「知っている」と「知らない」の間…

自己啓発本

本屋へ行くと自己啓発本が大きなコーナーとなってかなりの面積を占めている。タイトルを見ると「人生が楽になる42の習慣」とか「外資系コンサルが教える仕事が速くなる30の方法」とか「幸せになりたければナントカをやめなさい」など、なんとなくそんな…

パスカルの手紙

12/6の記事の第11章の一部を書いた。書くことによって、自分の脳内でまた新たな変化が起こり、また新しいことを書こうと思ったり、不要なところを消していったりする。書くこと自体が自らに変化を促し、新たな相互作用を起こすファクターなのだなと改め…

ブログの新ガイドライン(2)無知の知~私の中のミクロコスモス 脳と心と思考~

第一部 システム0とシステム1~ 無意識と感情 ~ 第1章 はじめに このブログは社会のことを考える社会科学なのですが、ここ2~3年は認知科学に興味の中心が移りました。認知科学とは人間の知覚、記憶、思考などの知的機能の仕組みを、脳科学、心理学、…

システムとモデル

最近は認知科学と平行して「システム」と「モデル」について勉強しています。この混沌とした動的構造である「現実というシステム」の中から「単純なモデル」をどう見出して、どう認知するか?というところに社会科学と人文科学の核心があるんだろうなあ。だ…

仕事を覚えられない人と仕事を説明できない人

抽象的なことばかり書いていてもあれなので、たまには具体的で実生活の役に立ちそうなことを書いてみようと思います。 「仕事を覚えられない。」「仕事をうまく教えられない。うまく説明できない。」という悩みはいつの世も絶えることはありません。また同時…

知識と思考

最近は認知科学の記事ばかりですが、今年は認知科学の研究に費やす決意をしたのだった・・・。つーか自分が何なのかわからないw 人間の思考というのは知識という土台があってこそ初めて成り立つものであり、知識と思考のハーモニーが重要だと思います。思考…

我をコントロールする

人間は「自分はまあまあ捨てたもんじゃない」と思っている。しかしこの変化し続ける世界は、常にそんな自分の自信を打ち壊そうと襲い掛かる。もちろん世界は僕達の自信を打ち壊そうとは思っていないが、(そもそも「世界」に意思はあるのかな?)僕達は世界…

思考の不思議なパラドックス

「「考える」の定義を言ってください。」という問題があるとします。あまりにも幅が広すぎて一義的に一言で定義をすることは非常に難しいと思いますのでこの問題はいったん保留します。 この問題を多くの人に問いかけてもほとんどの人は答えられないでしょう…

認知科学のモデルの一部(追加)

(ネットから転載 一部改変) 全てを統合した記事を書こうと思っているが、なかなか書けないなあ。モデルの一部だけ載せておこう。年内には書き上げたい。

上高地

上高地に行ってきた。険しい山々の間に平地がある不思議な空間だった。

世界は誰かの仕事で出来ている

山本美月、茶髪のトラックドライバーに 山田孝之&染谷将太と「ジョージア」新CMに出演 ジョージアのCMは僕達が生きている世界をシステム思考で端的に表現していて好きだ。

二重過程理論について

認知科学に二重過程理論という理論があります。様々な学者により提唱されていますが、端的に言うと人間の思考をシステム1(速い思考)とシステム2(遅い思考)に分ける理論です。もっとわかりやすい言葉で言うと、感情と理性、思い付きと熟慮、に分けて考…

【68~69冊目】宇宙創成(上)(下) サイモン・シン

宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)作者: サイモンシン,Simon Singh,青木薫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/01/28メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 394回この商品を含むブログ (129件) を見る宇宙創成〈下〉 (新潮文庫)作者: サイモンシン,Simon Singh,青木…

羽生さんの名言

三流は人の話を聞かない。 二流は人の話を聞く。 一流は人の話を聞いて実行する。 超一流は人の話を聞いて工夫する ~ 羽生善治 将棋の羽生さんの言葉ですが素晴らしい言葉だと思います。人一人が一生で考えられること、知ることができることはたかが知れて…

この世界はシームレスでありスペクトラムである

上記の図の矢印の部分は「白」だろうか「黒」」だろうかと聞かれるとどっちだろうか。「灰色」としか答えようが無いかと思う。この図では左に黒、右に白があるのが見えていて全体像が見えるので「白寄りの灰色」と答えることも出来る。でも感覚的には「黒寄…

人間の非合理性

3月24日に途中まで書いた認知科学に関する記事の続きを書こうとこの3か月間学び考え続けている。認知科学とはすなわち、人間とは何かという根源的な問題にアプローチする科学なのはないかと思う。人間とは何かという最も根源的な問題に答えが出ることなんて…

認知科学と仏教

認知科学を学ぶ人の一定の割合が、大乗仏教の唯識論との間にかなりの親和性を見出すのではなないだろうかと最近思います。大乗仏教の唯識派が1700年も昔に最新の認知科学に勝るとも劣らない、人の心に関する深遠で精緻な理論を構築していたことに驚きを…

隠者(仙人、ハーミット)

RPGゲームの職業を紹介するサイトに隠者についての説明が書かれていた。自分が賢人というつもりはまるでない、世捨て人でもないが自分のことのように親近感を感じて面白かったので備忘録として書いておこうw 職業概要 人里離れた場所に隠れ住む賢人が、隠者…

文章を書くということ

ほぼ誰も見ていないであろうこのブログを7年間少しずつ書き続けている。「文章を書く」ということ自体が考えるためにいい訓練なんだなと思う。大量の情報を収集して抽象化して大きな構造にまとめる。そこから順序立てて小さな要素に分解したり、また大きな…

【68冊目】海藻の歴史 カオリ・オコナー

海藻の歴史 (「食」の図書館)作者: カオリオコナー,Kaori O’Connor,龍和子出版社/メーカー: 原書房発売日: 2018/01/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 今取り組んでいる認知科学に関する記事の資料を探しに図書館へ行ったら新著コーナー…

近代以前と近代以降の人々の視野

「近代以前の人々の視野はとても広かった」と言われると違和感を感じるかと思います。「科学もなく迷信と宗教の中で生きていた人々の視野が広い・・・だと?・・・」と感じるかと思います。確かにある一面においてはその通りなのですが、近代以前の人々の視…

【67冊目】未来の年表 人口減少日本でこれから起こること

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)作者: 河合雅司出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/06/14メディア: 新書この商品を含むブログ (19件) を見る このブログを始めたときのテーマは社会について考える「社会科学」だったはずな…

ブログの新ガイドライン(1)諸行無常~マクロコスモスの中の私~

変化し続けるこの世界の中で このブログを始めたのが2010年の年末なので丸7年経ちました。近年はあまりブログを書いていませんが考えることをやめたわけではありません。むしろ色々考え過ぎていてなかなか書くことが出来ないといいますか。年末の備忘録…

「土地は捨てられるのか」 島根県の山林を相続の男性、国を相手に実験的訴訟

土地は捨てられるのか 男性、国を相手に「実験的訴訟」 朝日新聞:2017年12月4日20時16分 http://www.asahi.com/articles/ASKCY6787KCYUUPI003.html http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171204004582_comm.jpg 国に引き取りを求め、裁判で争った山…

リベラルアーツについて

リベラルアーツについて リベラルアーツとは自由を獲得するための知識を増やす活動です。リベラルアーツのリベラルとは「自由」という意味で、その源流は古代ギリシアまでさかのぼります。 古代ギリシアには、「自由市民」と「奴隷」の二つの身分がありまし…

【64~66冊目】海嶺(上)(中)(下) 三浦綾子

海嶺(上) (角川文庫)作者: 三浦綾子出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2012/08/25メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る 江戸時代末期に現在の愛知県からアメリカのシアトル近郊まで漂流した音吉達(おときち)の数…