蟻の社会科学

自由に生きるため、この世界を知ることを目的としたブログです。ビッグヒストリーを縦軸に、リベラルアーツを横軸に、システム思考を最適化ツールとして。興味を持った方はガイドラインからどうぞ。

事象の認識と問題の発見

 思弁的で抽象的な思考実験のような話になりますが、事象の認識の複雑性について考えたいと思います。
 
 「A→B」という因果関係の事象があります。この事象を心の中で思い起こす時、心はどのような働きをするでしょうか。「「A→B」を思い起こすなんてそんなこと簡単だ」と思われるかもしれませんが、案外難しいものかもしれません。

・A   (Aしか思い浮かばない)
・B   (Bしか思い浮かばない)
・A B (AとBが思う浮かんだが、つながりが思い浮かばない)
・A→B (正解 正しい因果関係が思い浮かぶ)
・B→A (因果関係を逆にしてしまった)
・    (そもそも何も思い浮かばなかった)

「A→B」という極めて単純な因果関係を思い浮かべようとしたときでさえ、考えられるパターンは上記の6個になるかと思います。


 ではA→B→Cという因果関係ではどうでしょうか。

・A   (Aしか思い浮かばない)
・B   (Bしか思い浮かばない)
・C   (Cしか思い浮かばない)
・A B (AとBしか思い浮かばない上につながりが思い浮かばない)
・A C (AとCしか思い浮かばない上につながりが思い浮かばない)
・B C (BとCしか思い浮かばない上につながりが思い浮かばない)
・A→C (AとCが思い浮かび、因果関係も正しいがBが無い)
・C→A→B(ABCが思い浮かんだが、因果関係が間違っている)
・以下省略・・・

 ここで確認しておきたいのは、A→B、またはA→B→Cという極めて単純な因果関係ですら、考えようによっては正確に心の中で思い起こすことは難しいということです。人は、自分が知っていることと思い浮かぶこと(利用可能性ヒューリスティック)だけが、この世界の全てとつい思い込んでしまう「無知の無知」というバイアスが掛かっているので、断片的な発想で作り上げた不完全なモデルでも正しいと勘違いしてしまうことがよくあります。
 ここではA→B、またはA→B→Cというわかりやすいモデルで表現しましたが、現実社会での問題はこのようにわかりやすくはありません。「「A~Z」の26個の中から正しい5つを選び出して、正しく因果関係を作りなさい。ただし、何が正しいかは各々の判断に委ねる。また「A~Z」以外にも、各々が正しいと思えば数字でもひらがなでも選んでかまわない。」という感じの、問題も回答も一体何が正解なのか全くわからないということが数多くあります。
 与えられた問題を解く能力も問題解決能力であることは間違いありませんが、「そもそも問題が何なのか」「そもそも問題が本当に存在しているのか」「そもそも問題の範囲はどこまでなのか」「そもそも問題に対する前提は正しいのか」など、「問題を発見して、定義する能力」がさらに一歩踏み込んだ本当の問題解決能力なのだろうと思います。

 

頑張るベクトル 諦めるベクトル

matome.naver.jp

文中より引用、抜粋
大人の発達障害の傾向
(1)注意散漫で、他人の話を最後まで聞けない。
(2)オーガナイズすることが苦手で、集中力を必要とするタスクを避け、またはタスクを完結できない。
(3)よく物をなくしたりして忘れっぽく、すぐに気が散り、落ち着いていられない。
(4)他人のことには無関心で、つねに自己中心的であり、自分の感情をコントロールできない。
(5)しゃべりだしたら止まらず、他人の会話を遮ったり、その場の話題とは関係のない、自分に興味のあることをしゃべりだす。

大人の発達障害自己診断
1.いつも落ち着きがなくそわそわしている
2.気が散りやすく、集中できない
3.後先考えずに思いつきで行動してしまう
4.仕事や勉強の先延ばし傾向
5・期限が守れない
6.感情のコントロールが苦手
(些細なことで、怒りのスイッチが入り感情を爆発、または気分が落ち込みメソメソする)
7.空気が読めない。
8.人の話が聞けない
9.社会(人との)のルール(約束)が守れない
10.自己中心的で、他者との協調性が乏しい
11.人の気持ちをよんで場面や状況に応じた対応ができない
12.頭の中で考えたことを上手く言葉にできない
13.感謝、反省、共感などの気持ちを上手く表現できない
14.周りに助けを求めたり、要求をことわることができない
15.友人や恋人などの信頼関係が持続できない
16.孤立しやすい
17.自己評価が低い
18.飽きっぽく一つのことが長続きしない
19.整理整頓ができず、忘れ物が多い
20.計画性がなく管理が苦手
21.睡眠のリズムを作りにくい。
22.興味や関心のあることに強いこだわりを持ち、極端にやり続ける
23.会話を一方的にしてしまう。相手の話に興味をもてない
24.自分の興味のあるものに熱中し、労力や時間を費やすのに苦にならない
25.五感に過敏がある。または、鈍感である
26.体を思うように動かすことが苦手である。
27.家事や雑用が段取りよくできない

 正直、自分に当てはまるところが多いなと思うし、自分は発達障害グレーゾーンなんだろうなと思います。しかし、これは多くの人にある程度当てはまるのではないしょうか。上記の特徴は人間が持つ本質的な傾向であり、全てクリア出来ている完璧な人間なんてほとんどいないのではないかと思います。ある精神科医が「人間は全員発達障害である。」と言っていましたが、本当にその通りだと思います。
 自分を高めるために頑張ることは大事ですが、人間は本来上記のような特徴を本質的に持っていますので、あまり完璧になろうとせず「まあ、自分はこんなもんだよ。」と、ある程度自分に対して許して諦めるベクトルも重要なんだろうなと思います。自らを限界まで追い詰めて頑張るベクトル、逆方向の許し諦めるベクトル、この二つの方向の伸び縮み、柔軟性があったほうがいいのだろうと思います。

web拍手 by FC2

現在取り組んでいるテーマ 「教育」「業務プロセス」「無縁と孤独死」

(1)教育について
 認知科学社会学と隣接し、親和性も高い「教育」について考えています。現在の教育は批判的に検討しなければいけない点が多いのではないかと感じています。

(2)業務プロセスと業務改善について 
 仕事はなぜ属人的で複雑怪奇な業務プロセスへ変化していくのでしょうか。またそのプロセスを改善しようとするとなぜ現場は激しく抵抗するのかについて、認知科学からアプローチします。

(3)無縁社会
 一時ツイッターバズワードにもなった「大量孤独死」についての考察。ルネサンスから始まった近代社会ですが、その最先端を行く日本社会において最終形態である「非婚化」「少子化」「高齢化」「無縁化」そして最後には「孤独死による腐乱死体の大量発生」へ向かおうとしています。近代の成立から近未来まで、そのプロセスの根幹に光を当てたいと思います。

ノートとペン

 ノートとペン。この組み合わせは、ある意味では最新のパソコンやスマホに匹敵する性能を有し、ある面ではパソコンやスマホも上回る最高のコンピューターだ。一切の制約がなく、好き放題に書き殴れる。安く、軽く、モビリティーも最高級のレベルだ。
 この組み合わせの汎用性と総合力について、いくらでも考えられる。ちなみに僕の愛用のペンはuniballのsignoの0.38mmで、ノートは5冊200円の日本ノートである。

無知の知と絶望

 あえて説明する必要すらないかもしれないが、「無知の知」とは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの言葉である。「自分は何でも知っているという、自分だけの小さな世界に閉じこもっていたらつまらないよ!自分が何も知らないということを認めて、世界観をどんどん広めていこうよ!」ライトなニュアンスで表現するとこんな感じだろうか。
 確かにその通りである。自分が何も知らないということを認めることが、自らの世界を広げる第一歩であると思うし、世界を広げることは基本的にはいいことなんだろうなと思う・・・。
 しかし、「無知の知」を自己啓発セミナーの安易な標語や方針のようなものだと思って、舐めてはいけない。「無知の知」に立ち向かうということは、己の存在価値や己のアイデンティティへの挑戦とさえ言える、絶望的なまでの闘いであると認識しておいたほうがいい。
 新しいことを知るということは、一種の絶望との遭遇でもある。自分が「こうだ!」と思っていたことが、未知との遭遇により徹底的なまでに破壊されることなど日常茶飯事だ。自らのアイデンティティさえも脅威に晒されるぐらいの絶望との遭遇である。そんな絶望に好き好んで立ち向かうぐらいなら、何も知ろうとしないほうが、ずっと安らかに生きていける。
 しかし、人間の適応力も舐めてはいけない。自らの無知を何度も何度も体験することにより、パンチドランカーのように「無知」への耐性を身につけたときに、「不可知の知」に辿り着くのかもしれない。

人は新しいことを知りたくない
考えられていないことはほとんど存在しない

web拍手 by FC2

【80冊目】はじめよう! プロセス設計 ~要件定義のその前に 羽生 章洋【81冊目】ビジネスプロセスの教科書 山本政樹

はじめよう! プロセス設計 ~要件定義のその前に

はじめよう! プロセス設計 ~要件定義のその前に

ビジネスプロセスの教科書

ビジネスプロセスの教科書

 このブログは認知科学の一分野であるロジカルシンキングが主要なテーマの一つとなっています。このテーマに関連する記事を何回か書いていますが、基本的には抽象的で概念的な説明を心掛けています。具体事例を用いて説明すると、途端にロジカルシンキングとは何かという本質がよくわからなくなる可能性があるからです。書店に山積みされている自己啓発本のように、具体例を大量に羅列することで、枝葉末節に囚われて、結局何を言いたいのかわからなくなくなることが無いように心掛けています。
 とは言え、ロジカルシンキングを頭の中や机の上だけで鍛えてもしょうが無いと思います。学者や研究者でない限り、あくまで実生活の中で、特に仕事上でその磨いた能力を使わないと本末転倒です。
 今回の二冊は、理論的なロジカルシンキングを、仕事で応用としてどのように実践するか、「理論応用」の橋渡しを考えるために適した本ではないかと思います。(この二冊も相当抽象的かもしれませんが。)
 「はじめよう!プロセス設計」はシステム開発の一分野として、システム開発の前段階のプロセス設計の説明本です。「業務」というもののプロセスを噛み砕いて、「業務」をどう考えるべきかをイラストを多用してとてもわかりやすく説明しています。
 「ビジネスプロセスの教科書」はコンサルタントの著者が、業界、企業、部署、など、およそ「業務」に関わりのある全ての事象を網羅的に俯瞰して、その中から必要なプロセスを順序立てて構成する方法論を説明しています。正にビジネスプロセスの教科書と呼べる本かと思います。
 両書とも、実際の業務で全体像を抽象的に俯瞰するための、具体的な方法論が書かれています。(抽象的に具体的というよくわからない表現ではありますが。)このブログでは普段は抽象的な理論を主に取り扱っていますが、全体と部分を何度も往復し様々な視点から物事を見る重要さを、本書に書かれているビジネスでの具体例を通して改めて認識することが出来ました。

web拍手 by FC2

文章を書くのは難しい

 最近、句読点と段落をどうすればいいのか考えている。文章に関して特にトレーニングも受けていないので、我流で文章を書いているが、この二点をよく考える。
 レトリックの乏しさもよく考えている。変な難しい言葉を使えばいい、というわけではないということもよくわかる。一度、このつまらない文体を変えてみようとエッセイ風?トライした記事を読み返してみたけど、やっぱり変な論文チックな説明が入った文章になっていたしw
 論文風の文章から脱却して、エッセイ風?の文章というものにも、またトライしてみたい。


Cocco - 強く儚(はかな)い者たち  【VIDEO CLIP SHORT】

web拍手 by FC2